CRAの転職に関連する資格や求められること

既にCRAとして働いている人の転職
まだこれからCRAになろうと考えている人の転職
それぞれ、転職としては売り手市場であるといってもいいほど、経験の有無を問わず、就職をしやすい状況にあります。

しかしながら、やはりCRAとしての転職においてより良い成功を収めるには、経験を積んでいる、資格を取得しているなどのキャリアがある方が有利であるといえます。

CRAとして転職する場合、どんなキャリアがあると有利であるのかといえば、それは薬の知識を持ち、薬に携わってきた薬剤師です。

その他、看護師やMRの資格を持っている人が転職することが多い様です。

これらの職種の人がなぜCRAに転職するのかといえば、薬剤に関わる仕事で得た専門知識や医療機関においてのコミュニケーション能力などというこれまでの経験を活かしつつ、更に新薬を誕生させるというやりがいの新しい仕事となることなどがその理由です。

CRAという仕事は治験が適正に行われているかなど治験のデータ管理や分析などをします。
ですが、それだけではなく、医師や治験コーディネーターとも専門用語を用いた対話が必要になります。

もちろん、収入面でも経験を積めば、高収入も期待することもできます。

その他、CRAに求められ能力としては、
治験の基準となるGCPに関する知識、
医師のカルテを解読できる読解力(特にドイツ語解読)、
英語のスキル
また、出張や残業などが頻繁にあることから体力的にも問題ないことが大切です。