未経験者がCRAに転職する前にするべきこと

CRAは即戦力が求められていることが多くなってきているのですが、求人の中には未経験の人でもOKという場合もあります。

CRAは注目されている職種でもあるので、薬剤師やMRという仕事をしてきた人がCRAに転職したいと希望する人が増えている様です。

薬剤師やMRなど医療業界にいて薬と近い関わりを持ってきた人であっても、CRAヘ転職をした場合、当然ですが未経験者として扱われます。

未経験者がCRAに転職するとなった場合、どの様なことに気をつけてするといいのでしょうか?

未経験者であった場合、まずはCRAの仕事についてなど、メリットばかりではなく、どんなデメリットがあるかなどできるだけ多くの情報を集める様にしましょう。

給与がいいからという様な側面だけに触れて応募するというのは、ハードな仕事だけにやはり安易なことといえます。

CRAの業務内容というのは今はネットを活用すればある程度のことは把握することができます。

既にCRAとして働いている人の意見なども知ることができるでしょう。

CRAになった場合の様々な面を知ってから、転職を考える様にしましょう。

CRAは、専門的知識を嫌でも吸収し、自分のキャリアを積むことができます。
しかし、治験によっては残業が多かったり、出張が増えたりということもあり、体力的に厳しいこともあります。

また、医療機関の治験に携わるスタッフとのコミュニケーションを取るなどの知識以外の能力も求められていることから、資質的に向いていないという人もいますので、よく考えての転職をしましょう。